レッスン日記

体験レッスンご報告

今日は広島の原爆記念日でした。

1945年のこの日、朝8時15分に核兵器である原子爆弾が広島に投下され多くの犠牲者が出ました。

私の曾祖父母も、空襲で焼かれた家の建て替えのため、木材を買いに出かけたところを被爆し亡くなりました。

残された私の祖父とその兄弟はとても苦労して育ったと、母から聞いて育ちました。

広島県内の学生はこの日は毎年登校日で

平和学習をし、祈りを捧げます。

どうか二度とこのような悲しい出来事が起こりませんように。

世界から戦争がなくなりますように。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

気づけばあっという間に8月で

暑さ寒さも彼岸までということを考えると

この夏もあと少しというところでしょうかwave

先月から今月にかけて、新しいクラスでの体験レッスンを行いましたhappy01

今までは一番小さくて2歳のお子様のレッスンだったのですが

今回初めて1歳のクラスでのレッスンでしたpencil

まだ言葉を使って自分の気持ちを伝えることがままならないお子様たちですが

そのお子様たちから

今自分の考えていること、感じたことを伝えたい、表現したいshineという

強い気持ちを手に取るように感じることができて

新しい発見と感動を感じましたconfidentheart02

最初は泣いていたり恥ずかしがっていたりしたお子様も

音楽を通じて踊ったり歌ったりしているうちに

だんだんと意思の疎通が図れてきたり

私自身とても楽しい時間を過ごしましたhappy01note

1歳でもしっかりと個性があって

みんなほんとに可愛かったですlovely

お教室の雰囲気になれる速度は人それぞれで

やっと最後の最後のほうに心開き始めてくれたお子様もいたりと

もう少しレッスン時間を長くしてほしいなどの意見も頂きましたmail

ほんの一時間のレッスンだったのですが

この時期のお子様はあらゆることを吸収し

驚くほどの速さで成長するということを間近で感じることができて

また、子育てをがんばるお母さんお父さんの姿に感動しましたconfident

頂いたご意見を参考にして

これからますます素敵なお教室づくりに取り組んでいきたいと思いますhappy01shine

ご参加くださったみなさま、ご協力くださった萩原さん、中村さん、美恵子さん

本当にありがとうございましたheart02

…体験レッスンの様子、写真に撮るのを忘れておりました…coldsweats02

送っていただきましたら、後日掲載したいと思いますnote

また随時お教室の情報などをお知らせしていきたいと思います〜happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おたまじゃくし

今日の生徒さんで

今年から小学校にあがったあいちゃんが

10分ほどレッスンに遅刻してきました

Tori

理由を尋ねると

「おたまじゃくしおにいちゃんと見に行ってた」

と…

おたまじゃくしどこにいたのと尋ねますと

「かえるのいるとこ」

だそうで…

…なんて…

かわいいっっlovelyheart04heart04heart04

(もちろんレッスンの時間は守らないといけませんがcatface

それにしても…

春ですねhappy02

私も一緒に行きたかったなwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こどもの気持ち

子どもの描く絵って どうしてこんなに無邪気で味があるんだろうhappy01

1347589673416.jpg

先日出張レッスンに伺ったときのお話です。

私が到着したときに、夢中になってゲームをしていたYちゃん(5歳)。

レッスン時間になってもなかなか止めようとせず

お父さんに怒られてふくれっ面で登場。。。

2歳のときからレッスンをしているYちゃんですが

レッスンを始めたばかりのころはとってもお転婆で

レッスンが終わるころにやっと落ち着いてレッスンができるという状態が

続いていた頃がありました。

でもそれから3年。

幼稚園にも行くようになってずいぶんお姉さんになってきて

最近はとっても意欲的にレッスンに取り組めるようになっていたので

私もこの日はつい「あれ、Yちゃんどうしたの?めずらしいね」

と言ってしまったのですが

よくよくYちゃんの気持ちになって考えてみると

Yちゃんのなかでここまで終わらせたいという区切りがあったのかも、と。

でもレッスンの始まる時間は決まっています。

そこで、

Yちゃんの手をぎゅっとにぎって

「Yちゃんゲームしたかったんだよね。わかるよ。でもね

時間をちゃんと守って動かなくてはいけない時もあるのね。

だからちょっと我慢してレッスンしよう。終わってから続きをやろうね。」

と目を見てお話すると

Yちゃんの目からぽろぽろ涙がこぼれてきて…

うん、としっかり頷いて

元気にご挨拶ができましたhappy01

(私もちょっとうるっときちゃったweep

少し前に何かの本で知ったのですが

このとき私が言った言葉の中で大切なのは

「わかるよ」という言葉らしいです。

子供にとって

自分の気持ちをちゃんとわかってもらうこと

それが、わがままだとしても。

そのことが何より大切らしいのです。

自分の気持ちをわかってもらえたと安心できたら

ちゃんとやらなくてはならないことに取り組めるそうです。

子供たちは大人に比べて

頭で考えて言葉を発するまでに時間がかかるし

早口でたくさんのことをお話しできません。

だからつい忙しいとき

お母さんや先生は

とにかくやりなさいangrythunder

言ってしまいがちですが

そんなときちょっとひと呼吸おいて

子供の気持ちを考えてあげる

そのうえで、

やらなくてはならないことに進めれば

きっと今より怒る回数が少なくなるかもしれませんconfidentheart02

Yちゃんに

Yちゃんももうすぐ小学校に行くようになるでしょ

そうしたらね、もっとたくさんのお友達と一緒にあそんだり

お勉強したりするようになるから

時間を守らなくてはならない場面がもっと増えるんだよ~

というお話もしていたら

それを聞いたお姉ちゃんのNちゃん(8歳)が

「最初は大変だけどねぇ、すぐに慣れて楽になるよshine

大人みたいなことを言っていて

微笑ましかったですhappy01heart04

こんな可愛い生徒さんたちに囲まれて

私の毎日は明るくなりますwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|