« 今も昔も | トップページ | 2018年の年の瀬を迎えて »

優しさは

その人の自由の翼を奪うものじゃない

自分の気持ちが成長して変化するときに

痛みや悲しみが伴うのは初めてのことではないずなのに

やっぱり

悲しみも痛みも

ない方が良いなあと思う。

そんなこともある一歩で

自分でも驚くような優しさに触れて

心の奥がふんわり暖かくなったりして

ちょっと泣きそうになります

社会人になるまでは世の中に

良いものでないものを良いと言ったり

優しさはそれを向けられる人のためだけにあるものではないこと

が時々あること

知りませんでした

そんなことも知るような出来事に沢山出会ったり経験したりして

知識は増えたけれど

でもやっぱり私はまっすぐ生きていきたいと強く思う。

人を大切にすることを忘れずに

そして自分の目標や思いも大切にして、妥協しないでまっすぐ生きる

生きていくために仕方ない嘘や

思ってもいないことに手を染めるとか

きっと本当は必要ないことと思う。

改めてそんな風に思わせてくれた人が側にいてくれることに

本当にありがとうと思います

File2
ありがとう

« 今も昔も | トップページ | 2018年の年の瀬を迎えて »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優しさは:

« 今も昔も | トップページ | 2018年の年の瀬を迎えて »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ