« 6月から7月頭まで♪ | トップページ | いよいよ »

最近すごく感じたこと。

してあげたよ

という

頂き物の優しさ

それは相手が本当に欲しいと思っていることなのか

必要としていることなのかを

その言葉の発信者は知ろうとしない

きっとこうすれば喜ぶだろう

嬉しいに違いないという憶測と、

それから本当は

別の

救われたい気持が何か隠されているようで

そんなときどうしても私は

心の扉が閉じてしまうのです

そんなときいつも思い出すのは、この歌。

ほんとの優しさって

その相手のことを考えて伝えられるものと思います

自分の満足の為

優しさという名の違う何かを

ただ相手にぶつけることは優しさなんかじゃない

私もときどき自分を鏡に映してみます

私があの人にこうしていることは

私自身の自己満足だけじゃないかな

救いたいのはあの人の心じゃなくて

自分自身なんじゃないかなって

別に

立派で完璧な人間にならなくても良いです

でもだったら

もっとシンプルで生きたいと思う

|

« 6月から7月頭まで♪ | トップページ | いよいよ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 6月から7月頭まで♪ | トップページ | いよいよ »